カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ

添島のフロア畳

添島のフロア畳

畳−それは、日本人とはとても関わり深いものです。 私たち日本人は畳と密接した生活を送り続けてきました。
しかし、建築様式の変化によりフローリングの部屋が多くなっており、和室そのものが減少し、畳の上で過ごす時間は少なくなってきたのも事実です。
そんなフローリングの部屋でも気軽に畳との関わりを堪能できるように、添島はフロア畳をご提案します。
ストレスの多い世の中、ほっと一息つけるような和み感を与えてくれるのが畳です。
添島のフロア畳でゆっくり休息してください。

添島のフロア畳は、一枚一枚丁寧にこだわって作られています。
あらゆるところにこだわりが見られます。
敷いたときの安定感もあり、場所を選ばずどこにでも敷くことができる半畳タイプの畳です。

フロア畳へのこだわり

その1.染め

い草を染めることによって、いろんな色彩を楽しむことができるようになりました。
染めたといっても色目がナチュラルなので、どんなお部屋にも置く場所を選ばずお使い頂けます。

柳川手染め(「敷彩」)

柳川手染め(敷彩)

通常の染め時間は30分くらいですが、柳川手染めはい草を約2時間沸騰させ10時間以上漬け置きさせています。
乾燥も低温でじっくり時間をかけています。
い草の芯まで染め上がっていて、光線に強くて退色しにくく、手や衣服に色がつきにくくなっています。

白秋染め(「彩」「TATAMIST」)

白秋染め(彩、TATAMIST)

通常の染め時間30分に比べ、白秋染めはい草を約90度の釜の中で1時間沸騰させて、
その後染め上がったい草を水洗いして乾燥機で約12時間乾燥させます。
従来の商品に比べて淡いトーンの色合いで、堅牢度が高く退色しにくくなっています。

その2.織り

敷彩・彩・TATAMISTの生地は、通常の畳より織り目が細かくて見た目がとてもすっきりしています。

▼ 敷彩・彩・TATAMIST ▼ 通常の畳
敷彩・彩・TATAMIST 通常の畳

その3.環境

TATAMIST・スター・和は、畳の施工に金具等を一切使用せず、裏面の滑り止めに使用している素材以外は自然に還る素材を使用して、環境に配慮した製品作りをしています。また、ホルムアルデヒド放散量試験(福岡県工業技術センター)も、F☆☆☆☆(フォースター)の結果となりました。試験成績は以下の通りです。

試験内容 ホルムアルデヒド放散量試験
試験方法 集成材の日本農林規格に準拠した。試験体は30×30×2.5cm1つとし、アルミシール無しで測定した。
試験結果
敷彩・彩 0.03mg/L
TATAMIST・スター・和 0.01mg/L

添島のフロア畳は半畳タイプなので、好きな色を選んで市松模様にしたりライン状に並べて
すっきりシンプルに並べたりして、いろんな敷き方が楽しめます。

4枚 4枚レイアウト例
6枚 6枚レイアウト例
9枚 9枚レイアウト例
12枚 12枚レイアウト例
16枚 16枚レイアウト例

▼ベッドに

ベッドに

▼テーブルを囲んでお座布団感覚で

    テーブルを囲んでお座布団感覚で

▼コーナーにも

  コーナーにも

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

安心・安全な畳へのこだわり

健康な土で育てる、本来の無添加の素材

農薬の使用回数を減らして栽培したわらといぐさをたっぷり使用して作った添島勲商店のこだわりの畳です。
お客様に安心してお使いいただけるよう、食品衛生法のコメの登録保留基準に基づく残留農薬試験検査を行っています。

人と環境に配慮した畳

1 すべての部材に防虫・防ダニ・抗菌処理をしていません 人と環境に配慮した畳
2 床材はワラ100%で、農薬の使用回数を減らして栽培された筑後産のものを1年以上乾燥させ使用しています
3 畳表は農薬の使用回数を減らして栽培(通常の農薬使用量の10分の1程度)された筑後産いぐさを使用し、染料を含まない「泥染め」処理のみのものです
4 畳の裏地は筑後地方で織られた綿100%の生地を使用しています
5 畳床、畳表の素材は残留農薬分析試験済みです
→分析結果(畳床/畳表
健康な土づくりから

良いいぐさを作るにはまず土づくりから。 筑後地方は二毛作で、コメといぐさの両方を生産しています。
乳酸飲料や牛乳・にんにく・焼酎・木酢液など、様々な方法を模索し続けて、現在では、従来のほぼ10分の1の農薬しか使っていません。除草剤もできるだけ使わず、タニシに食べてもらいます。
健康な土で育った「筑後畳」のいぐさは葉先までしっかりと身がつまり、こしと艶があります。

たっぷりの藁を使う

「筑後畳」シリーズにはポリスチレンフォームなどの科学系素材や毒性の強い防虫シートを使っていません。
良く乾燥した、日なたの匂いのする藁を使って、藁 100%の畳床を作ります。
農薬の使用回数を減らして栽培した藁は、最低でも一年以上倉庫で寝かせてじっくり乾かし、虫をつきにくくし、残留農薬が飛散するのを待ちます。
藁は土に還る素材。コメ文化の日本で、藁をたっぷり使った畳を作るというのはとても自然の理にかなった方法なのです。

飴色に変わるいぐさ

畳は青い方が美しいと思っている人は多いでしょう。でもいぐさは自然素材。
日に焼けて飴色になるのが、畳の持つ本来の美しさなのです。
しかし、市場では中国産だけではなく、国産のいぐさでも、多くの畳表が化学染料で青く染めて出荷されています。
添島勲商店は 、安全な畳の材料を求めて生産農家を尋ねあるき、昔ながらの泥染めの畳表を作りました。

選別を繰り返して織る

いぐさは、まず長さ別に分けて切りそろえます。それから何度も選別を繰り返します。
膝の上に広げたり、筒に立てて扇のようにして、一本ずつ人の目と手で、焼けや折れなど傷のあるいぐさをふるい落としてから織機にかけます。
どんなに機械化が進んでも、畳職人の気配りと、いぐさを見る目が無ければ、良い畳表をつくるのは難しいでしょう。

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

添島勲商店からのメッセージ

変わるべき意識、変わるべきポジション、業界と消費者を結ぶSOEJIMA

「本物の畳」を使ってください。

添島勲商店は、お客様とお客様を取り巻く環境のことを常に真剣に考えています。
添島がお客様にできることは何かと考えた時に、「本物の畳を使ってもらいたい」という思いにたどり着きました。一人一人の方に私たちの畳を使っていただいて、本物の良さを感じて欲しいのです。そのために私たちは本物の畳を作っているのです。い草の産地業者である添島勲商店だからこそできることだと思います。
全国の皆様方に本物の畳を供給できるのは、添島勲商店だけです。

「本物の畳」を作ってください。

こんな私たちの思いに共感してくださる全国の畳屋の皆様方、問屋の皆様方に、「本物の畳を作ってもらいたい」と願ってやみません。添島勲商店に、どうぞお力をお貸し下さい。

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

添島の掛川織

花ござの宝庫、福岡地区筑後地方に生まれた掛川織

詩人白秋を育み、柳と白壁の風情が今なお魅了する柳川ではい草の栽培が昔から盛んで、特に花ござに適した品種が良く育ちました。 江戸時代から織り続けられ、多くの伝統と技法を持つ鮮やかな花ござにあっても、ことに重厚な美しさで頂点をきわめる掛川織りが誕生しました。

添島の掛川織りは健康な「国産」のいぐさにこだわり続けます

今や、日本のいぐさ需要の約8割が海外で作られています。
しかし、輸入いぐさは栽培方法、農薬の使用量などもわかりにくく、安全性の心配があります。
また、中国産を例にとると、天候上の問題からいぐさの刈り取り時期が早いため、コシのもととなるロウ質が未形成のまま製品化されている場合が多く、不健康ないぐさとなってしまいます。

添島勲商店では肌に触れるものだからこそ、自然と共存した安全な農法を追求しつづける地元栽培農家との
「顔の見える関係」を保ち、「国産」いぐさにこだわっています。

■不健康ないぐさ
 ⇒ 黒っぽく茶色になり表面がボロボロ/ハウスダストの原因にも
■添島の健康ないぐさ
 ⇒ 全体的に小麦色になり表面が艶やか

だから、添島の掛川は日焼けしたあとも美しく、人の体にも優しいのです。

添島の掛川はたっぷりのいぐさを使っています

一畳(87×174cm)あたりのいぐさ使用量
一般的商品 約2800〜3200本
添島の掛川 約3500〜4800本

だから、耐久性にすぐれ、座り心地や肌触りが大変良いのです。

織りの技術が違います

添島の掛川は量産することなく、腕利きの生産者がいぐさを一本一本丹念に選別し、真心を込めて織り上げています。
だから、織り目と色彩がきわだって美しいのです。

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

添島の掛川ができるまで

い草の栽培
1.い草の栽培
い草(藺草)の栽培は、寒い冬に水田に苗を植えて暑い夏に刈り取る。
厳しい作業と多くの手間を要する。
い草のチェック
2.い草のチェック
いぐさ製品の中で一番上質のい草を必要とする掛川のために、入念にい草を選別する。
いぐさ草の長さは主に130cm以上の中太で径が揃ったものが選ばれる。
デザイン
3.デザイン
長年の経験で色彩のバランスを考慮し、新しく染めたい草を選んで構成する。
頭に描かれたものを実際に少量ずつ織、その中から今年の柄を決める。
染め
4.染め
染めは温度と時間タイミングを計って水を差し染まりやすくする。
い草は育った田によって染め具合が変わる。
い草がムラなく染まるように長いい草を一本一本慎重にほぐす。
長さ色ムラ折れのチェック
5.長さ色ムラ折れのチェック
長さが足りないい草、折れたい草、色の調子が揃っていないいぐさ草を抜き出す。
微妙な色違いが織りに影響する。織り傷を出さないために。
織り
6.織り
掛川織りは筑後地方独特の織りで、花ござの逸品である。
綿糸はい草の抵抗が大きく織り難いが、自然のい草には天然素材を使わなければならない。
天日干し
7.天日干し
織り前にとったい草のくせ直しをする、加湿(かし)の水分を飛ばすために、裏側を天日干しをする。
掛川は1時間ほどで十分乾燥する。
長さ揃え
8.長さ揃え
経糸(たていと)だけを着るように両刃の刃物で、サイズに合わせて長さを切りそろえ、経糸で綴じる。
仕上げ
9.仕上げ
掛川の表面をヘチマでこすり、余分な染料を拭き取りい草に艶を出す。
目に見えなかったい草の折れの織り傷を、一目一目確認し手直しする。

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

添島のものづくり

人と自然との共生がテーマです

文明が進化していく過程で、我々の住まいは大きく変わってきました。
「住まいの本質とは何か」ではなく「低コストでスピーディー」というように、地球環境やそこに住まう人の健康など全く考えずに住まいやモノを作ってきました。しかしその結果、自然は人間の欲望の犠牲になり続けてきています。
さらに近年は、人間にたいしても「シックハウス症候群」などに代表されるような様々な弊害があることが分かってきました。

昔の家は土間があり、畳があり、障子があり、壁は泥壁と漆喰で家の中に入った瞬間に心が落ち着き、
冬暖かく、夏はひんやりとして心地よさを感じました。それを構成しているものは全てがその地にあった金のかからない自然素材でした。
先人達は季節を感じながら、自然の産物を上手に使いこなしてきました。

筑後に「い業」が創生して400年。爾来、筑後の自然の中でおおらかに育まれてきました。
その間職人達はいわば自然の職人だったのです。素朴な筑後の自然の香りを、織り続けてきたのです。
「いぐさ」は筑後の自然を大切に暮らした人たちの心の暖かさそのものだったのです。

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

添島のいぐさ職人達

自然とともに歩みつづける添島のいぐさ職人たち


 
馬淵清博 馬淵清博
福岡県大川市
いぐさの成長過程を見続けて。

「畳屋さんが安心して使える畳表を作り続けたいですね。」そのためにはいぐさの質(粒揃 い、硬さ、粘り、色)と織りの技術が必要です。化学肥料と農薬で年々土壌の劣化が進んでいます。化学肥料や農薬を押さえ、有機質肥料を施し地力を上げない と、よいいぐさが獲れなくなりました。畳屋さんと会話をしながら、信用を高めて自分の名前で売れる畳表を作っていきたい。


山本 一 山本 一
熊本県八代郡鏡町
3年で完全無農薬に成功。

「こんなに成果が出るとは思わんかったですね。」人と同じ事をしていてはダメだ、との思 いから、日本で初めていぐさ作りに1998年からキトサン農法を取り入れ減農薬栽培へ。「農薬の正体は農毒、その毒物を自分が一番かぶっとるとです。」安 全な職場=田圃の環境改善を目標に2001年よりラクト菌、キトサンでわずか3年で完全無農薬と無化学肥料の切り替えに成功した。


山本英義 山本英義
熊本県八代市
「山本さんのがよか!」と言われたい。

まだいぐさは一人では作れません。父(富義)といぐさのデキをみながら、肥料のやり方で いつも議論します。たとえばここは背丈が延びていないから窒素分を増やすとか、ここは少しいぐさが柔らかいからカリ分を多くやらなければいけないなど。し かし畳表の仕上げは任せてください。責任を持って仕上げています。「自信がついたらおやじを乗り越えて立派ないぐさを作りますよ。」


小林善明 小林善明
熊本県八代郡竜北町
自然にあるものを活用する。

5〜6年前、東海大学の方の教授が提唱されている循環型農業技術にであいました。「お客様に負担をかけないようにするために、できるだけ自然界にあるもの使っています。」当初は近所の人から馬鹿呼ばわりでした。また着色剤を使っていないため、モノには自信があるのによそよりも安い値段にされてしまっていました。でも最近は少し理解してくれる方が増えて将来に希望がもてるようになりました。


添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

自然素材の畳ベッドYUME

畳屋さんが作った畳ベッド YUME

自然素材の畳ベッド

YUMEのコンセプト

YUMEに使用している畳

ゆっくり休んで本来の自分を取り戻しましょう

私たちは一日の三分の一を、ベッドの上で睡眠のために費やします。睡眠は、自分の回復する力で、次の日の活力を蓄えるために重要な行為です。ベッドは家具の中であなたと一番長い時間を過ごす道具です。そこで添島勲商店の畳ベッド「YU ME」(ゆめ)は人間が本来持っている自己回復力を妨げないように、余分なものを排除し、できる限りオーガニックマテリアル(有機素材)を使用しました。

YUMEの特徴

ベッドの畳までの高さを30cm〜45cmの5cm刻みで、ご自由に選択できるようになりました。
子どもからお年寄りまで、生活スタイルに合わせて、座ったり立ち上がったりしやすい高さをお選びいただけます。

▼低めのベッド
・布団を除いた状態の時には、畳敷きのちょっとしたくつろぎスペースとしてご利用いただくのにもちょうど良い高さです。
・床に敷いた布団より、立ち上がる際に膝に負担が掛かりにくく、膝の弱くなった年配の方に最適です。
▼高めのベッド
・ベッド下のスペースが広く、掃除機もゆったりと入りお掃除も楽々です。
・ベッド下のスペースをクリアボックスなどを置けば、収納としても使えお部屋を狭くさせません。

オリジナル商品として直販形式をとることで、天然素材の本物ばかりを集めたこだわりの品質の逸品でも、リーズナブルな価格でご提供しております。

畳ベッド組み立てマニュアル

組立てマニュアル在中

この製品は、枠材としてヒノキの無垢材を、また、畳も藁をたっぷり使った重厚なものを使用しているため、一般の量販店でお求めいただけるものと比べ、かなりの重量があります。組立ての際は、大人2人以上で慎重に行っていただく事をおすすめいたします。
畳生産者 大田英介

畳表生産者
大田英介

●畳床材 国産藁床
●裏地 綿キャンバス地
●縁 久留米絣(くるめがすり)
●色 ナチュラルのみ
●枠の素材 四国産ヒノキ
●塗装 ドイツ・リボス社の天然塗料を使用

畳ベッドYUMEの商品一覧はこちらから

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳

畳屋さんが作った畳ベッド YUME

自然素材の畳ベッド

YUMEのコンセプト

YUMEに使用している畳

こだわりの畳

自然素材にこだわった伝統製法、藁床の筑後畳は次の日の活力を生み出すための、ベッド用畳です。

1 すべての部材に防虫・防ダニ・抗菌処理をしていません 人と環境に配慮した畳
2 床材はワラ100%で、減農薬栽培された筑後産のものを1年以上乾燥させ使用しています
3 畳表は減農薬栽培(通常の農薬使用量の10分の1程度)された筑後産いぐさを使用し、染料を含まない「泥染め」処理のみのものです
4 畳の裏地は筑後地方で織られた綿100%の生地を使用しています
5 畳床、畳表の素材は残留農薬分析試験済みです
→分析結果(畳床/畳表

畳ベッドをご利用になるにあたって

布団を敷きっぱなしにしたり、部屋の湿度が上昇するとカビやダニが発生します。カビやダニを発生させないためには、布団は敷きっぱなしにせず、室内の換気に気をつけて、湿気が室内にこもらないようにしてください。畳の表面がべとつくときには乾拭きして表面の湿気を拭き取り、天気の良い日は窓を開けて風を取り入れてください。できればクーラーの除湿機能を働かせたり除湿器を動かして室内の過剰な湿気を取り除くようにしてください。特に梅雨から夏にかけては十分ご注意ください。

畳ベッド組み立てマニュアル

組立てマニュアル在中

この製品は、枠材としてヒノキの無垢材を、また、畳も藁をたっぷり使った重厚なものを使用しているため、一般の量販店でお求めいただけるものと比べ、かなりの重量があります。組立ての際は、大人2人以上で慎重に行っていただく事をおすすめいたします。
畳生産者 大田英介

畳表生産者
大田英介

●畳床材 国産藁床
●裏地 綿キャンバス地
●縁 久留米絣(くるめがすり)
●色 ナチュラルのみ
●枠の素材 四国産ヒノキ
●塗装 ドイツ・リボス社の天然塗料を使用

畳ベッドYUMEの商品一覧はこちらから

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト

畳屋さんが作った畳ベッド YUME

自然素材の畳ベッド

YUMEのコンセプト

YUMEに使用している畳

一般に販売されている畳ベッドは殆どがベッドメーカーで企画されたもので、木の材料やデザインにはこだわって作られていますが、畳には全くと言って良いほどこだわりがありません。実際に、畳ベッドといわれているものの多くが、化学素材で作られた畳や、人体に有害な防カビ・防ダニ処理が施された畳を使用しており、人の健康や環境に配慮したものとはいえません。

畳ベッドの本質から考えれば畳の品質こそが大切だと、添島勲商店は考えます。

そこでベッドのデザイナーと共同開発で、素材、デザイン、塗装など、細かいところまで配慮したベッドを目指しました。フレームの塗装にも、ドイツ・リボス社の天然塗料を使用。安全性には自信を持っております。畳には、厳選された減農薬筑後畳を採用し、床板には調湿性に優れた桐スノコを採用したことにより、畳への通気性が良くなっています。

あなたもぜひ本物の畳ベッドを使ってみてください。

畳ベッド組み立てマニュアル

組立てマニュアル在中

この製品は、枠材としてヒノキの無垢材を、また、畳も藁をたっぷり使った重厚なものを使用しているため、一般の量販店でお求めいただけるものと比べ、かなりの重量があります。組立ての際は、大人2人以上で慎重に行っていただく事をおすすめいたします。
畳生産者 大田英介

畳表生産者
大田英介

●畳床材 国産藁床
●裏地 綿キャンバス地
●縁 久留米絣(くるめがすり)
●色 ナチュラルのみ
●枠の素材 四国産ヒノキ
●塗装 ドイツ・リボス社の天然塗料を使用

畳ベッドYUMEの商品一覧はこちらから

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

ページトップへ