カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ

いぐさの織りの種類

福岡県独特の重厚優美な織り方で、花茣蓙の最高級品です。経糸が太くて数が少なく、約3cmの大目と1cmの小さな目が交互に繰り返す単純な組織の織りです。長くて良質の蘭草を用いてるので弾力性に富み、肌触りの良い製品になります。

蘭草を織り込む経糸の開口を変えて紋様を織り出す織り方です。209本の経糸が複雑な紋様を織り出し、最も技巧的で織柄の変化に富む製品になります。

風通織とも言われ、紋織より約100本も多くの経糸を用い、表と裏の色を完全に織り分けることができます。繊細な絵柄と二重織の丈夫さで、耐久性に富む製品になります。今日では、三重織も登場してきました。

糸引日本古来から上敷や畳表用としての製品に用いられる織りです。経糸が約200本のものを諸目織と言い、約135本の物を糸引織と言います。経糸が全く表面に出ないので、織目がすっきりとなめらかで汚れにくい製品になります。

いぐさQ&A その他のコンテンツ

いぐさの特性 いぐさの織りの種類 いぐさのお手入れ

ページトップへ