カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ

添島の掛川ができるまで

い草の栽培
1.い草の栽培
い草(藺草)の栽培は、寒い冬に水田に苗を植えて暑い夏に刈り取る。
厳しい作業と多くの手間を要する。
い草のチェック
2.い草のチェック
いぐさ製品の中で一番上質のい草を必要とする掛川のために、入念にい草を選別する。
いぐさ草の長さは主に130cm以上の中太で径が揃ったものが選ばれる。
デザイン
3.デザイン
長年の経験で色彩のバランスを考慮し、新しく染めたい草を選んで構成する。
頭に描かれたものを実際に少量ずつ織、その中から今年の柄を決める。
染め
4.染め
染めは温度と時間タイミングを計って水を差し染まりやすくする。
い草は育った田によって染め具合が変わる。
い草がムラなく染まるように長いい草を一本一本慎重にほぐす。
長さ色ムラ折れのチェック
5.長さ色ムラ折れのチェック
長さが足りないい草、折れたい草、色の調子が揃っていないいぐさ草を抜き出す。
微妙な色違いが織りに影響する。織り傷を出さないために。
織り
6.織り
掛川織りは筑後地方独特の織りで、花ござの逸品である。
綿糸はい草の抵抗が大きく織り難いが、自然のい草には天然素材を使わなければならない。
天日干し
7.天日干し
織り前にとったい草のくせ直しをする、加湿(かし)の水分を飛ばすために、裏側を天日干しをする。
掛川は1時間ほどで十分乾燥する。
長さ揃え
8.長さ揃え
経糸(たていと)だけを着るように両刃の刃物で、サイズに合わせて長さを切りそろえ、経糸で綴じる。
仕上げ
9.仕上げ
掛川の表面をヘチマでこすり、余分な染料を拭き取りい草に艶を出す。
目に見えなかったい草の折れの織り傷を、一目一目確認し手直しする。

添島のものづくり その他のコンテンツ

添島のものづくり 添島の掛川織
添島勲商店からのメッセージ 添島の掛川ができるまで
添島のいぐさ職人達 自然素材の畳ベッドYUME
減農薬へのこだわり 自然素材の畳ベッドYUMEのコンセプト
キトサンが加わったい草 自然素材の畳ベッドYUMEに使用している畳
添島のフロア畳  

ページトップへ